ウーマン

二重まぶたにするにはプチ整形が効果絶大|理想に近づくお手伝い

原因と対処法について

目元

目の下のクマは茶や黒、青など色が分かれていて、それぞれ原因と対処法が違いますので気をつけてください。目のクマの中には茶グマと呼ばれているものがあります。茶グマの原因は色素沈着といわれていて、紫外線によるダメージや目をこする回数が多いことで起きてしまうのです。他にもアトピー性の皮膚炎や化粧品によるかぶれなどが原因となっています。茶グマになった場合は普段のケアが大切なので、美白効果のあるビタミンCが含まれているコスメを使用してください。他にも目のクマにはいろいろな種類があって、目周りの毛細血管の影響で青色のクマが出てしまいます。青いクマは生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレスなどによって毛細血管に悪い影響を与えてしまうことが原因です。これを治すには目の周りをマッサージしたりホットパックを使用したりして血流を良くしましょう。目の周りをマッサージする時は、強い力で押したりこすったりすると逆効果です。これによって茶グマを引き起こす可能性があるため、できるだけ優しくマッサージするようにしてください。他にはビタミンKには血行を促進させる効果がありますから、ビタミンKが含まれているアイクリームでケアしてみてください。そして黒グマと呼ばれている目のクマがありますが、これは生まれつきや加齢が原因で起こるのです。このクマの対処法は美容外科でヒアルロン酸を注入するという施術が必要になります。目のクマにはこのような原因と対処法がありますから、原因について調べて正しい対処を行なって解消しましょう。